ガラガラ重力雨トリパ (ダブル)

ガラガラ ニョロトノ ルンパッパ メタグロス ドータクン ルカリオ

ポケモン 特性 技1 技2 技3 技4 持ち物
ガラガラ ひらいしん ほねブーメラン いわなだれ ほのおのパンチ まもる ふといホネ
ニョロトノ あめふらし ハイドロポンプ ふぶき ほろびのうた まもる オボンのみ
ルンパッパ すいすい ハイドロポンプ ギガドレイン れいとうビーム まもる いのちのたま
メタグロス クリアボディ コメットパンチ しねんのずつき アームハンマー まもる エスパージュエル
ドータクン たいねつ サイコキネシス さいみんじゅつ じゅうりょく トリックルーム たべのこし
ルカリオ せいしんりょく インファイト ストーンエッジ いのちがけ このゆびとまれ こだわりスカーフ

主な成績

  • ダブルレート 最高1800
  • 勝率80%

 

ガラガラ

ガラガラ(ゆうかん)
配分: H167(252)-A145(252)-B130-Cx-D101(4)-S45
このパーティのメインアタッカー。このポケモンを使いたいがために重力トリパという形にしました。トリックルームと重力さえ決めてしまえば、あとは実質攻撃力290から繰り出されるホネブーメランで一気に殲滅していくだけです。超火力のロマンに酔いしれてください。ほかの技は岩雪崩と守るまで確定で、残りの1枠はトリックルームターン消費狙いの守るを読んでアドバンテージをとっていける身代わりもよかったのですが、ナットレイやユキノオーを呼びやすいパーティなので炎のパンチを選択。ニョロトノを守ることができたり、やぶれかぶれの電磁波テロを阻害できる避雷針も効果的に機能しました。

 

ニョロトノ

ニョロトノ(なまいき)
配分: H188(180)-Ax-B108(100)-C129(148)-D143(76)-S67

  • H4n
  • H207-D126バンギラスを雨ハイドロポンプで確1
  • H171-D100ボーマンダを吹雪(ダブル補正)で確1
  • H187-D141メタグロスを雨ハイドロポンプで確2
  • H207-D120バンギラスをハイドロポンプで乱2(73.8%)
  • D11n
  • C158ユキノオーのギガドレインをオボンの実込みで確2耐え
  • C182ラティオスの眼鏡流星群を確1耐え

天候要員。雨パの形をとってはいるもののルンパッパを選出することがあまりなく、どちらかというと相手の天候を妨害する意味合いのほうが強いです。重力パということで入れたい技が山のようにありますが、ハイドロポンプと守るは確定として、対ドラゴンに不安があったので吹雪、あとは積み技などで詰ませてくる害悪パーティ対策やトリックルームが切れたあとの〆技にもなる滅びの歌を選択。持ち物は水のジュエルなどの火力アイテムも強いですが、腐りにくく、滅びの歌との相性も良好なオボンの実にしました。水のジュエルを持たせて圧力をかけたり、滅びの歌のかわりに催眠術にしてガラガラやメタグロスを暴れさせるのも強いと思います。

 

ルンパッパ

ルンパッパ(ひかえめ)
配分: H159(28)-Ax-B91(4)-C156(252)-D125(36)-S114(188)

  • H16n-1, 10n-1
  • 準速61族+1
  • すいすい状態でスカーフ最速86族+2

雨パアタッカー。初手でトリックルームが決めるのが難しそうな場合は初手ニョロルンパからのスイッチトリル展開を狙っていきます。また、トリックルームが切れたあとの掃除屋としての役割も。基本的には先発ドータクンとルカリオが安定していて、後発はガラガラ、ニョロトノ、メタグロスからの選択となるので、選出率はかなり低いです。しかし、このひとを抜いてしまうと相手のトリトドン選出がかなりの安定択となってしまうため、見せポケとして牽制できるだけでも充分にありがたい存在です。

 

メタグロス

メタグロス(いじっぱり)
配分: H187(252)-A187(116)-B150-Cx-D128(140)-S67

  • A11n
  • H221-B114モロバレルをジュエル思念の頭突きで確1
  • C126ゴウカザルのオーバーヒートを確1耐え

ユキノオーに弱いひとが多いため、用心棒として採用。普段は技を撃つたびに一喜一憂させられる困ったポケモンですが、重力によって快適なコメパンライフをお楽しみいただけることが可能となっております。中速に寄ったトリパである弊害として相手のモロバレルが相当きつかったので、ジュエル思念の頭突きで処理できるようにしました。あとはナットレイへのダメージソースとして活用しつつ素早さを下げることもできるアームハンマーを選択。ただ、先制技がないことできつい場面も何度かあったので、バレットパンチも選択肢に入ってくると思います。

 

ドータクン

ドータクン(なまいき)
配分: H174(252)-Ax-B145(68)-C99-D176(188)-S34

  • D11n
  • C216シャンデラの眼鏡オーバーヒートを乱1耐え(93.7%)

トリックルームと重力を起動するパーティの要。この2つの技を覚えるポケモンはけっこういますが、催眠術によって自身も重力を活用できるのと、ほとんどの技を一発は耐えられる耐久性のよさに目をつけてドータクンを採用しました。トリックルーム、重力を展開してから催眠術を連打するというだけの単純なポケモンですが、これがまたわかりやすくて強いです。ガラガラと並べて催眠術とホネブーメランをぶっぱしていける展開を目指していきます。

 

ルカリオ

ルカリオ(ようき)
配分: H177(252)-A130-B94(28)-Cx-D90-S152(228)

  • 最速86族+1

ドータクンと並べてトリックルームをサポートするのが基本的な形となります。ドータクンへの攻撃を防ぐためにこの指とまれをするのが安定択となりますが、のちのち邪魔になりそうなポケモンを命がけで処理し、トリパアタッカーを無償降臨させられるのがルカリオの強みだと思っています。この枠が耐久のあるトゲキッスあたりだと安定感は出ると思いますが、ダラダラと生き残ってしまってトリックルームターンを無駄に消費してしまうことになりかねないので、個人的にはルカリオのほうがスピード感があって好みでした。

雑感

トリックルーム、重力、高火力ドーン! っていう脳味噌マッスルなパーティ。単純な流れになりやすいので読みの介入する余地が小さく、誰でもすぐに扱えると思います。ただ、トリックルームや重力が起動できないと厳しい展開となってしまうので、序盤は慎重に立ち回ってあとは流れで、みたいな感じです。ガラガラのホネブーメランでバシバシ落としていく感覚はほんとうに爽快の一言なので、ちまちまと細かいことを考えないでウヒョーしたいひとにおすすめですね。

2012年05月15日|BW,ダブル