PGLジャパンカップ2012スプリング 結果

PGLジャパンカップ2012スプリング 結果

戦績 勝率 最高レート 最終レート 順位
78勝17敗 82% 1820 1803 110/10237位

PGLジャパンカップ2012スプリングというWi-Fi大会に参加し、上記のような成績となりました。今回の上位入賞者は「ポケモンワールドチャンピオンシップ2012 日本代表決定大会」に出場できるという、これまでよりもずっと大きな意味を持つ大一番的な大会だったため、不甲斐ない結果に終わってしまったことは残念です。

今回は公式から「何人までが日本代表結果大会に出場できる」という具体的な発表がなかったため、どの段階で終わりにしていいのかわからない、真綿で首をしめられ続けているかのような苦しい大会でした。そんな中、「どうせ100人か200人くらい呼ぶんでっしゃろう?」とスイーツ極まりない読みを働かせてしまい、1800を超えたところで終わりにしてしまった自分のチキンぶりが悔やまれます。しかし、仮に対戦し続けたとしても最低ラインの1850まで伸ばせたかどうかはわからないし、そもそも100戦もやって1800止まりというのはあまり芳しい数字とはいえず、現時点では代表決定大会に出場するに足る実力は備わっていなかったんだと思っています。

自分のポケモンに対するモチベーションのほとんどは、WCS2010 ラストチャレンジ予選の決勝2回戦で、カイオーガがハイドロポンプを外して負けてしまった悔しさに起因していて、その大きすぎる借りを取り返すためには公式大会で結果を出すしかないという思いが強かったのですが、レーティングやその他Wi-Fi大会などで良績を残しているうちにその感覚もだんだん薄れていって、「なにがなんでも勝つ」という気迫は雲散霧消していたように思います。今回の結果自体には納得していますが、気持ちの面でやり切れなかったという後悔はすごい。あんな思いはもう二度としたくないと誓ったのに、またしても屈辱の歴史を作り出してしまったなあという感じです。俺のバカ! アンポンタン! 学習能力なし! IQ60くらい!

今回の10237人中の110位という結果は、数字だけ見るとほぼ上位1%ということでなかなか悪くないようにも思えますが、ここからさらに上位0.1%まで登り詰めないと全国や世界の舞台には立てないわけで、今後はその域に達することを目標にしていきたいと思います。そして、積もり積もった借りは来年の公式大会でまとめて返したいですね。そのあとなんだかんだで世界大会も制し、突然の引退宣言とともにDSとポケモンのROMをそっと床に置くやつをやりたいです。(光GENJIがローラースケート靴を置いて引退したみたいなイメージ)(これはかっこいい)

2012年05月17日|BW,ダブル