レパルボルトメタモン (ダブル)

レパルダス ボルトロス メタモン キノガッサ メタグロス ボーマンダ

ポケモン 特性 技1 技2 技3 技4 持ち物
レパルダス いたずらごころ イカサマ ねこだまし いばる アンコール あくのジュエル
ボルトロス いたずらごころ 10まんボルト でんじは いばる ちょうはつ でんきのジュエル
メタモン かわりもの へんしん こだわりスカーフ
キノガッサ テクニシャン タネマシンガン マッハパンチ キノコのほうし まもる きあいのタスキ
メタグロス クリアボディ コメットパンチ しねんのずつき じしん まもる ラムのみ
ボーマンダ いかく りゅうせいぐん かえんほうしゃ いわなだれ まもる ドラゴンジュエル

主な成績

  • インターナショナルチャレンジ March 最高1785くらい
  • 勝率80%くらい

 

韓国のトッププレイヤー세준さんが使用していたレパルガッサボルトをリスペクトして作ったパーティ。全体のテーマは「合法的に威張ろう」です。元の時点でかなり威張り散らしているパーティですが、その特色をより強く打ち出しています。

基本的にはボルトロスとレパルダスを先発で出して、猫騙し、アンコール、威張る、電磁波などで相手の動きを抑制しつつ、イカサマで相手を処理していくという形になります。威張った状態からのイカサマはガブリアスやメタグロスといった高種族値ポケモンを一撃のもとに葬り去るおそるべき破壊力で、仮に一撃で落とせない相手でも自傷で処理できる可能性を残すことができるので、これはちょっと反則的な性能です。

レパルダス ボルトロス

この2体の時点で今回のテーマは充分に達成されているともいえるのですが、もっと威張りたい、物理ポケモン相手にだって堂々と威張っていきたいんだ、と私は考え、メタモンを採用することにしました。このポケモンは相手の能力変化もあわせてコピーすることができるので、物理ポケモン相手に散々威張り散らし、そのままイカサマで突破できるのならそれでよし、仮にこちらのポケモンが倒されてもメタモンを降臨させて全抜きを狙うという形もとれます。これはもう「うひゃお」以外のなにものでもありません。

メタモン

そんな感じのパーティです。困ったときはとりあえず威張って劣勢を容易に打開していくのは爽快の一言ですし、どんな相手にでもワンチャンスを通せば勝てるパーティとなっています。しかし、どうしても命中率90%の連打を余儀なくされてしまうので、レーティング環境での安定感はいまひとつといったところでした。ハマったときの連勝性能はかなりのものなので、トーナメント形式の大会やオフ会で真価を発揮するパーティなのかもしれませんね。

 

個別解説

レパルダス

レパルダス(ようき)
配分: H159(156)-A108-B83(100)-Cx-D70-S173(252)

エース役とサポート役を兼ね備えた今回の主人公。持ち物と技枠については、威張った相手を難なく吹き飛ばしていける悪のジュエル+イカサマ、ボルトロスやキノガッサの行動を保証する猫騙し、相手の守るやトリックルームなどにリスクを持たせるアンコールの3つは確定として、最後の1枠は雨パーティに強く出られる日本晴れも捨てがたいのですが、ほとんどの場合で腐り技となってしまうのが気になったので、自身の火力アップにも繋げられる威張るを選択してパーティのコンセプトをより強固なものとすることにしました。上をとれる相手には信じられないほど強く、威張る+イカサマでどんどん撃墜していきましょう。攻撃に努力値を割かなくていい分だけ微妙に耐久もなくはないので、地味に一発くらいは耐えたりするのも強いです。

 

ボルトロス

ボルトロス(おだやか)
配分: H184(236)-Ax-B96(44)-C146(4)-D137(196)-S135(28)

  • C182ラティオスの眼鏡流星群を乱1耐え(93.7%)

主人公であるレパルダスを補佐する唯一無二の親友ポジション。とにかく威張る、電磁波、挑発で相手の行動を抑制します。穏やかボルトロスといえばオボンの実が一般的ですが、場持ちさせてダメージレースで優位をとるというよりは、高火力で一気に殲滅という色のほうが濃いパーティなので、電気のジュエルを採用して決定力を持たせています。結果としてイカサマの通りにくいハッサムやズルズキンに対する貴重なダメージソースとなったので、この選択は正解でした。

 

メタモン

メタモン(なまいき)
配分: H155(252)-Ax-Bx-Cx-Dx-S48

物理ポケモン相手に合法的に威張るためのカード。そのまま自傷からのイカサマで突破できたりもしてメタモンの役目がなくなったりしますが、そこはご愛敬というものです。パーティに自動天候ポケモンがいないうえにレパルダスに日本晴れを仕込んでいない関係上、雨パーティがとてもつらいものとなっているので、メタモンでキングドラに変身して雨を逆利用していきましょう。ダブルでは非常に扱いの難しいポケモンですが、構築段階からしっかりと考えて場を整えてあげれば充分にチャンスはあるなと感じました。

 

キノガッサ

キノガッサ(いじっぱり)
配分: H136(4)-A200(252)-B100-Cx-D80-S122(252)

威張るで相手に不確定要素を押しつけて攻撃の被弾回数を少なくするというパーティの性質上、このポケモンが弱いはずがありませんでした。茸の胞子をまき散らしてこちらの行動をより確かなものにし、高い火力で相手を殲滅していきます。軸であるレパルダスとボルトロスが勝てない相手であるバンギラスにほとんど一方的に強いのも相性補完として美しいです。

 

メタグロス

メタグロス(いじっぱり)
配分: H183(220)-A187(116)-B151(4)-Cx-D127(132)-S95(36)

  • C125ゴウカザルのオーバーヒートを乱1耐え(93.7%)

ここまででユキノオーがきつかったのと、もう一枚バンギラスに強いカードがほしかったので、メタグロスを使うことにしました。ラムの実を持たせて威張るで強化というのもパーティコンセプトとマッチしているのですが、メタグロスの最大の弱点である技の命中率も「相手もどうせ自傷するからいいや」という感じで気にならなくなるのも地味にシナジーを感じさせてくれました。

 

ボーマンダ

ボーマンダ(おくびょう)
配分: H171(4)-A139-B100-C162(252)-D100-S167(252)

最後の枠はとても迷ったのですが、対策が薄くなってしまっているウルガモスやハッサム、ズルズキンといった相手にそこそこ強く、特性の威嚇も便利なボーマンダを採用。いつもは微妙すぎる火力に悲しみを覚えてしまうポケモンですが、今回は全体的に決定力を持ったポケモンの多いパーティなので、ボーマンダで削って確定圏内に入れる、みたいな場面もそれなりに多く、いい塩梅に足りない部分を穴埋めしてくれたなと思いました。性格を控えめにできれば多少はマシになるのですが、ちょっと下が最大の激戦区になっているので最速はどうしても切れません。

2013年07月13日|BW2,ダブル

書いているひと

おやつといいます。嘘とほんとうを書いていきます。

カテゴリ

  • ニコニコ生放送やっています